脱毛は必ず費用が発生する

脱毛の特徴は、必ずお金がかかる点です。無料ではありません。

例えばエステ店や病院に行って、脱毛の施術を受けるという方法がありますね。現にその方法で脱毛を行っている方々は、非常に多数いらっしゃいます。特に背中の部分などは、自力で脱毛を行うのはなかなか難しいと思います。背中の部分は見えないからです。

そしてエステ店などに行くとなると、もちろん費用がかかります。少なくとも無料ではありませんね。料金はエステによって異なりますが、数十万円程度かかるところが多いです。
ではエステ以外にはどのような方法があるかというと、もちろん自力での脱毛です。そして自力で脱毛を行う時も、必ず費用がかかります。
まず家庭用脱毛機器を購入するとなると、そこそこまとまった費用がかかりますね。ある有名な機器の場合、数万円程度かかる事になります。もちろん機器によって、それぞれ料金は異なるのですが。

そしてカミソリを用いての脱毛もありますね。恐らくそれが最もメジャーだと思います。カミソリを用いるとなると、少なくともカミソリ代がかかります。2枚刃や4枚刃などと様々な種類がありますが、商品によって費用も色々ですね。個人的には4枚刃や6枚刃のカミソリなどは、なかなかクオリティが高いと思います。
ただし例外もあります。毛抜きの場合は費用はかかりません。毛抜きというのは、自分の体に入っている形を指でつまんで取り除く事です。あれはカミソリも何も使いませんので、確かに無料ですね。
脱毛 はじめて

しかし残念ながら、毛抜きはデメリットが大きいです。皮膚に対して深刻なダメージが発生する可能性が大きいので、あまりおすすめできません。
このような状況ですので、脱毛を行う時には必ず費用が必要になります。どの脱毛方法を選ぶかは、やはり費用対効果で判断すると良いでしょう。

脱毛器とシェーバーの使い方

私がムダ毛処理をする時に心掛けていることは、無理やり脱毛器を動かさないということです。

昔は強引に脱毛器を動かして無理やり脱毛しているという感じでしたが、それで誤って傷を作ってしまったことがあったので、それからは脱毛器の扱い方に気をつけるようにしてムダ毛処理をするようになりました。

私は脱毛器だけでなくシェーバーも使用しているからどうしても同じように扱ってしまうのです。シェーバーも脱毛器と同じで肌に当てて無理やり剃ろうとすると傷を作ることがあります。しかもシェーバーの場合、肌に強く押し当てれば押し当てるほど剃れなくなるので注意しないといけないんですよね。私は脱毛器やシェーバーに限らず、何でも強引に使う癖があるから使い方をしっかりと確認してムダ毛処理をしないといけないと思いました。

と言っても脱毛器やシェーバーの使い方なんて深く考えることはないんですよね。きちんと処理ができるくらいの力で優しく肌を撫でていけば、ムダ毛はきれいになくなっていくのです。脱毛器の場合は抜き残しが、シェーバーの場合は剃り残しが起こることも多々ありますが、それでも処理できないよりはマシだと思って私は毎日ムダ毛と格闘しています。

そして機械はいつか壊れるもの。私の場合は使いが激しく、機械の消耗も早いです。シェーバーは数年使っていると刃の具合か機械本体の具合かわかりませんが、剃り味が悪くなってしまいます。できれば電源が入らなくなるまで使用していたいですが、そこは消耗品ということで剃れなくなったら買い換えようと思っています。
脚 脱毛
脱毛器に関しては、夏だけしか使用していないということもあり、今まで一度も買い換えたことがありません。脱毛器は値段が高めですから、できるだけ長期間使用して無駄なお金を使うことがないようにしたいですね。

ムダ毛をお手入れする時間

ムダ毛はお手入れしてもまた生えてきてしまいますね。
ムダ毛の成長が早い人は一日でうっすら生えてしまうので毎日お手入れがかかせなくて大変です。
だから、男性が朝ヒゲを剃るように、ムダ毛も朝お手入れしているという人がいます。

でもこれは肌にとても悪いそうです。

ムダ毛処理をしている人の大半はカミソリで剃っていますよね。
カミソリは一気に広範囲のムダ毛を処理できるからとても手軽なので愛用している人も多いでしょう。
しかしカミソリはムダ毛だけでなく、肌も剃ってしまっていることを知っている人はあまりいないのではないでしょうか。

肌の角質層を剃ってしまうと、肌のバリア機能が低下してしまいます。
肌が黒ずんできたりガサガサしてしまうのはこのせいです。

私も昔はカミソリでガンガンムダ毛処理をしていました。
そのせいで、肌がヒリヒリしたり赤みがでたりすることがよくありました。

特に気をつけたいのが、剃れなくなったカミソリです。
剃れないと何度も刃を肌に当ててムダ毛を取り除こうと頑張ってしまい勝ちです。
そうすると肌をいつも以上に傷つけてしまいます。

こうしたムダ毛処理を朝することで、ムダ毛処理で傷ついた肌のまま直射日光に当たったり、服の下の肌の場合も洋服の摩擦で肌が弱ったりしてしまいます。

ムダ毛処理は夜するのがベストです。
お手入れしてから眠ることで、肌が修復する時間があるので翌朝までに回復しやすいです。
またムダ毛処理するならローションを塗るなどして肌を保護することも忘れないようにしましょう。